Magion流blog

主にMMORPGファイナルファンタジー11の話題。 その他管理人の好きなゲームの話題など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

封筒

ちょっと封筒が必要になったんですよ。

はい、あの手紙とか送る時に使うあの封筒です。

最近はインターネットや携帯電話の普及で、めっきり手紙など書かなくなりましたが、たまーに必要になる封筒。

うちは全然普段封筒なんか使ってないので、あるかどうか分かりませんでしたが、とりあえず母に聞いてみました。
母は「たぶんある」と言ってタンスを漁り始めました。そして取り出したのは、お馴染みの白い封筒。お、ありましたか。

よし、じゃあ早速宛名を書きましょう。
あー、こう言う時、自分の字の汚さで死にたくなりますよね。

さぁ、宛名も書けたんで、郵便番号を書きましょう。

□□□-□□

000-0000・・ん?

桁が足りません。

あれ? なんか間違った?

いや、間違ってない。

今って郵便番号は7桁ですよね? 確か平成10年に変わったはずだから・・。

いくら滅多に使わないって、何年前の封筒だよ。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/27(月) 18:44:19|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

アレなゲームを買った理由

さぁ、最近面白いネタがありませんよ。
FFもレベル上げしかしてないので、特に何も無いんですよねー。

まああえて挙げると、赤AFを取りにオズトロヤ城へ一人で行った時に
1回目・・二つ目の扉(レバー操作の)を越えてすぐで、インビジとスニークを間違えて丁度2匹に絡まれてデジョン。
2回目・・2階に上がった辺りで道を間違え、部屋の中に居た楽2匹に突撃。もうデジョンでジュノに戻りたくは無かったので超リンクを起こしつつ入り口まで戻る。

いやー、何と言うか、我ながら初心者みたいな動きですね。
こう見えてももう4年近くFFやってんですけどね。
楽くらい倒せそうなもんですが、赤58のくせに武器スキルが短剣、片手剣共に120しか無かったり(本来190近くまで上がる)、装備が40台だったり(赤AFは胴と頭以外しょぼいので種族装備)、全くソロ向きでは無い仕様でした。

ま、FFの話はこんなところが精一杯。

と言う事で、困ったときの古ゲー話です。

今回は『特に何も言わないのに親が勝手に買って来たゲーム』のお話です。 [アレなゲームを買った理由]の続きを読む
  1. 2006/02/23(木) 10:07:00|
  2. FF11以外のゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

勝った! バストゥーク編完!

何を今更とか言われそうですが、ついにバストゥークのミッションランクが10になりました。

ミッションは人集めとかが大変なのでほったらかしていましたが、気が付けば最後にランク8になった時から既に2年も経っていました。

なんかバスミッションって7とか9はよく募集してるんですが、何故か8の募集はあまり見なかったんですよねー。それが幸運に見舞われ2週に分けてランク8>9と9>10を行うツアーに潜り込めました。

さぁ今日はその2週目、最後のミッションですよー。
[勝った! バストゥーク編完!]の続きを読む
  1. 2006/02/19(日) 03:14:07|
  2. FF11関連|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

じゅもんがちがいます

今日のレベル上げPTでのある会話シーン。

白魔道士の方のリレイズマクロで、ふっかつのじゅもんと言う名前が出てきたのが発端。

A「まちがえそうw」
B「あるあるw」
Magion「この『ぬ』が実は『め』かもしれない」
C「連携はどうしましょうか?」

A「王女が犬に戻ったー!」
Magion「2時間かけてはがねのつるぎを買ったのに・・」
B「ww」
C「陣風>バイパーでいいですね」
A「了解」

Magion「そこでもょもとですよ」
A「確か巨人の選手の奴もあったような」
Magion「1ですけどプロレスラーもありますよ」
B「それ知らないなぁ」
C「捕縄と暗闇しますけど効かなかったら魔法お願いします」
Magion「お任せヽ(´ー`)ノ」

Magion「いのきばばつるたちようしゆうりきふじなみ だったかな」
A「凄い豪華なメンバーだw」
B「でも既に二人も亡くなってるなぁ・・」
C「では釣って来ますねー」
全員「よろしくー」

絶対Cは平成生まれですね。
  1. 2006/02/18(土) 01:20:52|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

ボンバーキング

何やら、ファミ通あたりで新しいボンバーマンが発表されたようですねぇ。

最近のボンバーマンは可愛らしさを前面に押し出しているようですが、これはまたなんつーか・・どの層にアピールしているんだろう。妙に洋ゲーテイスト満載です。

あー、でも良く考えたら一番最初のファミコンのボンバーマンってこんな感じでしたよね? いやいやゲームの中の彼は普通の白と青の今のボンバーマンと大差無いんですけど、パッケージに描かれているメカコングみたいなのが今回のボンバーマンとちょっと似てるかなぁと。
[ボンバーキング]の続きを読む
  1. 2006/02/17(金) 11:48:04|
  2. FF11以外のゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

またシレン

今日はバスミッションに参加する予定でしたが、集合時間までまだ間があったので、またシレンをやっておりました。

FFXIのblogですがシレンネタ大好評につき第二弾!

つーかぶっちゃけ今日の死にっぷりです。

[またシレン]の続きを読む
  1. 2006/02/11(土) 21:40:49|
  2. FF11以外のゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

風来の

ちょっと暇だったんで久しぶりにスーファミの「風来のシレン」をやっていました。

なんか久しぶりにやるのにえらい調子が良いですねぇ。現在フロア11ですが、武器はカタナ+5、防具は皮の盾。木の矢も20本くらいあります。
奇岩谷の迷子の女の子も拾い、さぁ次のフロアへ。いやぁ順調順調!

siren.jpg


えー(´A`)

[風来の]の続きを読む
  1. 2006/02/10(金) 01:01:04|
  2. FF11以外のゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

1990年

コメントのレスを付けていて、BURAIやらスーファミやらアクトレイザーやらを見て思い出したお話です。

時は今より遡ること16年。
Magion少年はスーパーファミコン本体を発売日に買ってもらいました。同時購入のゲームはスーパーマリオワールド。そりゃもう1ヶ月かけて遊び倒しました。

一ヵ月後の12月のなかば頃。いくら凄いハードでも、ソフトが1本しか無いのでさすがにスーマリには飽きていました。
[1990年]の続きを読む
  1. 2006/02/07(火) 02:19:04|
  2. FF11以外のゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

中古ゲー

ちょっと前に『フロントミッション5』を買いました。

発売から1月ほど過ぎていたので、中古で4000円程度で買うことが出来ました。
フロントミッションシリーズは実はこれで買うのが3度目。スーファミの初代は結構やり込みましたよ。あれは育てたキャラのパスワードをメモっておき、友達のキャラと対戦させる事が出来たのが目新しくて熱くなりました。

その後、しばらくしてからPSで続編の2が出ました。こっちは10時間もプレイしませんでしたね。
いやもー、いちいちロード時間が長いの何の! しかも戦闘シーンでは無駄な動きが多くてまた長いし・・。

その2があんまりアレだったので、それ以降の3やら4やらは全く視野にも入れておりませんでした。

しかし今回の5は久しぶりに買ってみたのですが、なかなか面白い。
マシンのセットアップやキャラクターの育成もプレイヤーの趣味が色々出て面白いです。全てのパーツを最強にして武器は片手に銃一丁とか、パーツは軽い(その分壊れやすい)物にして、浮いた出力で両手両肩に火器を積むとか、とにかく軽く、そして殴る(格闘攻撃は総重量が軽いほど威力が上がる)などなど。
ストーリーもなかなか興味深い展開です。序盤のステージは、初代のフロントミッションを敵側から見た視点で展開され、初代をプレイした人はニヤリと出来るイベント満載です。

ステージの合間合間のムービーシーンでストーリーは進んでいくのですが、これがヘタな映画なんか目じゃないくらいの演出です。ムービーをとにかく入れれば良いと思っているようなゲームも多いですが、こう言う風に必然性のあるムービーなら大歓迎です。クオリティも高いので、このまま映画に出来そうです。おや、そう言えばスクエニってCGの映画とか作ってましたよね?

登場キャラクターも非常に魅力的で、脚本がしっかりしていて文章を読んでいても全く飽きません。
兄貴分のエドワードのセリフ回しも最高なのですが、特に注目は主人公の上官で幼馴染でヒロインのリン・ウェンライト少佐。
ある作戦中、主人公が少佐をかばって負傷した時に、記憶が混乱して子供時代の話をします。瀕死の重傷を負った主人公を見て取り乱す少佐に向かって「また眼鏡の事で泣かされたのか。でも俺はその眼鏡は似合ってると思う」みたいな事を言うんです。
子供時代の少佐は内気で本ばかり読んで、他の子とあまり仲が良くなかった模様。しかし今はコンタクトに変え、素手でもマシンに乗っても無敵の鬼上官なのです。そんなリン少佐ですが、主人公の意識が戻り、初めて少佐と面会した時に、眼鏡をかけているわけですよ! 主人公がその眼鏡は何だとつっこむと「これはその・・気分転換だ!」とか何とか言っちゃってまぁ!

どうみてもツンデレです。本当にありがとうございました。
[中古ゲー]の続きを読む
  1. 2006/02/05(日) 11:44:12|
  2. FF11以外のゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

Magion

01 | 2006/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。