Magion流blog

主にMMORPGファイナルファンタジー11の話題。 その他管理人の好きなゲームの話題など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

中古ゲー

ちょっと前に『フロントミッション5』を買いました。

発売から1月ほど過ぎていたので、中古で4000円程度で買うことが出来ました。
フロントミッションシリーズは実はこれで買うのが3度目。スーファミの初代は結構やり込みましたよ。あれは育てたキャラのパスワードをメモっておき、友達のキャラと対戦させる事が出来たのが目新しくて熱くなりました。

その後、しばらくしてからPSで続編の2が出ました。こっちは10時間もプレイしませんでしたね。
いやもー、いちいちロード時間が長いの何の! しかも戦闘シーンでは無駄な動きが多くてまた長いし・・。

その2があんまりアレだったので、それ以降の3やら4やらは全く視野にも入れておりませんでした。

しかし今回の5は久しぶりに買ってみたのですが、なかなか面白い。
マシンのセットアップやキャラクターの育成もプレイヤーの趣味が色々出て面白いです。全てのパーツを最強にして武器は片手に銃一丁とか、パーツは軽い(その分壊れやすい)物にして、浮いた出力で両手両肩に火器を積むとか、とにかく軽く、そして殴る(格闘攻撃は総重量が軽いほど威力が上がる)などなど。
ストーリーもなかなか興味深い展開です。序盤のステージは、初代のフロントミッションを敵側から見た視点で展開され、初代をプレイした人はニヤリと出来るイベント満載です。

ステージの合間合間のムービーシーンでストーリーは進んでいくのですが、これがヘタな映画なんか目じゃないくらいの演出です。ムービーをとにかく入れれば良いと思っているようなゲームも多いですが、こう言う風に必然性のあるムービーなら大歓迎です。クオリティも高いので、このまま映画に出来そうです。おや、そう言えばスクエニってCGの映画とか作ってましたよね?

登場キャラクターも非常に魅力的で、脚本がしっかりしていて文章を読んでいても全く飽きません。
兄貴分のエドワードのセリフ回しも最高なのですが、特に注目は主人公の上官で幼馴染でヒロインのリン・ウェンライト少佐。
ある作戦中、主人公が少佐をかばって負傷した時に、記憶が混乱して子供時代の話をします。瀕死の重傷を負った主人公を見て取り乱す少佐に向かって「また眼鏡の事で泣かされたのか。でも俺はその眼鏡は似合ってると思う」みたいな事を言うんです。
子供時代の少佐は内気で本ばかり読んで、他の子とあまり仲が良くなかった模様。しかし今はコンタクトに変え、素手でもマシンに乗っても無敵の鬼上官なのです。そんなリン少佐ですが、主人公の意識が戻り、初めて少佐と面会した時に、眼鏡をかけているわけですよ! 主人公がその眼鏡は何だとつっこむと「これはその・・気分転換だ!」とか何とか言っちゃってまぁ!

どうみてもツンデレです。本当にありがとうございました。

さてさて前置きが非常に長くなりましたが、今回は別にフロントミッションの話をしようと思ったわけでは無いのです。

昔々、ゲームソフトがまだCDやDVDでは無かった時代。主にファミコン時代。
子供の頃は誰もお金があまりありません。しかしゲームバブル全盛の時代でしたので、遊んでみたいゲームソフトはそれこそ次から次へと発売されていきます。
お金が無い我々は、「このゲームは俺が買う。あのゲームはお前が買え」と言った感じで、仲間内で買うゲームをなるべく被らないようにして、遊べるゲームを増やしたりしました。
とは言え、ドラクエクラスの人気ゲームになると、どうしてもみんな発売日に遊びたいので買ってしまいますね。まあどっちにしろ、「お前あれ俺これ」とやっていたところで遊びたいゲームの数には追いつかないんですけど。

そこで登場するのが『ゲームソフトの売買』ですよ。誰が考えたのか知りませんが、気が付いたら新聞の折り込みチラシで「どこどこのデパートで何月何日に中古ゲーム屋が来るよ」と告知が入るようになっていました。
当時はまだ中古ゲームを売買する専門店なども皆無で、このように期間限定で現われる店が基本でした。
そのチラシには、ゲームの買い取り価格と販売価格が書かれていて、そりゃーもうチラシに穴が開くかと言うほど手持ちのソフトと欲しいソフトの価格を見比べたもんです。「あの4300円のソフトを買うには、手持ちのお小遣いが800円残ってるから、あと3500円分要らないソフトを売ろう」とか、そんな感じです。
中にはなるべく売りたくは無いが、高価買取中だしそれを売れば欲しいソフトが買えるしで、泣く泣く手放したソフトもあります・・と言うかかなりあります。女神転生IIとかねー、グラディウスIIとかねー。
欲しかったんですよ、FFIIIが!

さてめでたく意中のゲームをモノにして、意気揚々とファミコンに挿して電源をON! すると、中古なので前の持ち主のセーブデータが残っていたりするんですよ、これが。

Magionが初めて買った中古ソフトは確かイースだったと思います。
ファミコンのイースはセーブが一つしかありませんので、取り合えず消す前に前の持ち主のデータを見てみようじゃありませんか。
データをロードすると、そこは縦長の通路のような場所。その画面が切り替わる一歩手前でセーブされていました。ふむ、取り合えず上に行ってみましょう。上に一歩進むと別の画面に移動しました。
一歩歩いただけでなにやらボスっぽい人が出てきました。

まあボス手前でセーブするのは基本ですからね。
何か言ってますが意味も分からないので読み飛ばし、バトルスタートです。
何度か敗北しましたが、段々とコツを覚えて、何とか倒す事が出来ました。
そして始まるエンディング&スタッフロール。

どうやらラスボスのようでしたね。やったー! イースクリアしたぞー!ヽ(´ー`)ノ

いやいや。

まあそんな風に、どこでもセーブ出来て、『一歩歩くと即ラスボス』みたいなゲームはあんまり無かったので、そう言うハプニングに出くわす事はそうそう無かったんですけど、たまーにありました。初代ファンタシースターとか。

その他にも、前の持ち主のデータは結構面白い物です。特に名前関係。

デフォルトで名前が決まっている主人公とヒロインに、あえて日本人の名前が入れてあったり。恋人同士ですかねー。これ売っちゃったって事はもうどうでも良い人なんですかねー。

主人公の名前は「オルステッド」なのですが、何故か「オルスレット」と入っていたり。素で間違えたのでしょうかあえてそう入れたのでしょうか。

FFIIの名前は、絶対に6文字入力しなければならないのですが、入れたい名前が6文字未満の場合はスペースを入力します。これが分からなかったようで、4人の主人公が上から「フリオニール」「ガイーーーー」「マリアーーー」「レオンハルト」となっていたり。絶叫ですか?

ああ、名前で一つ思い出しました。
とある有名RPGが発売され、かれこれ数年が経過していました。
Magion少年も当時かなりやり込んだゲームなのですが、いい加減にやり飽きて、誰かに貸したりしました。かなり需要のあるゲームで、複数の友人に貸していたので、いつしかどこに行ったのか分からなくなっていました。しかしまぁ、もう何年も前のゲームなので、どうでもよくもなっていました。

ある日、急にそのゲームが久しぶりにやりたくなってきました。
中古屋に行くと、かなりお手ごろ価格でしたので、買って帰りました。
過去のゲームとは言え、名作はいつやっても楽しい物。わくわくしながら電源をON! 聴き慣れた曲と共に現われるタイトル画面。何度見ても素晴らしい。

タイトルも一通り観て、ボタンを押すとデータの管理画面が現われました。
セーブデータは「1:りりあん」「2:はやて」「3:○○○」

ん?

○○○は日本人の名前です。ありふれた名前なので特に問題は無いのですが、問題はデータの1と2。
実はこのゲームを当時プレイしていたのは、PCゲームの『BURAI上巻』にハマっていた時期なんですよ。1のりりあん(リリアン)はそのゲームのヒロインだし、2のはやて(ハヤテ)は主人公です。カタカナが入れられなかったのでひらがなで、主人公の名前に使っていました。

そして3の○○○・・Magionの友人の名前で、しかもこのゲームを貸した記憶があります。

このソフト僕んじゃねーか!!

何とMagion、このソフトを新品で8500円で買ったのにまた中古でお金払ってますよ!

早速○○○に詰め寄ると白状したので、この中古ソフト分のお金は返して戴きました。

とまぁ、昔のバックアップROMの時代は中古ソフトは色々と楽しめたもんです。今はメモリーカードやHDDにセーブなので、こう言ったドラマも起きずに残念ですね。
無くなったソフトが有料で帰って来るかもしれないのにねぇ。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/05(日) 11:44:12|
  2. FF11以外のゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9
<<1990年 | ホーム | 美味しそう>>

コメント

全米g(r
 すげぇぇぇ! そのめぐり合わせ!!

私もフロミ1は腐るほどやりましたよー。対戦もして。
んー、フロミ5面白そうだし買おうかなぁ…
  1. 2006/<%
  2. URL |
  3. comment_month>/05(日) 13:16:27 |
  4. あーしゅ #1wIl0x2Y
  5. [ 編集]

フロントミッション1は我輩もやりこみましたー
そして今回のコメントはFMの事を書こうかな、などと思っていたのですが・・・
「BURAI上巻」 Σ(゚д゚lll)ガーン
これ、私もかなりハマりました
いまだにサントラ聴いたりしまする
全員揃ってからのフィールド音楽が好きで耳コピで打ち込んだり(´∀`*)ウフフ
セーブデータはお気に入りのシーン前で埋め尽くされていたなぁ・・・懐かしいです
下巻もやりましたが上巻があまりにもすばらしい出来だったためにあまりおぼえていませぬ(ノД`)
まさかこのような所で名前が出てくるとは・・・驚きでございます
最後に一言、リリアンもツンデレでしたね フフフ
  1. 2006/<%
  2. URL |
  3. comment_month>/05(日) 18:01:23 |
  4. とはく爺 #-
  5. [ 編集]

おお FM5 面白そう(=´▽`=)
4買って未開封のままだったりするけど・・・。
というか1~3のセットになってるFMヒストリーも未開封だなあ(;´Д`)
SFCの1はだいぶやり込んだのになぁ・・・。

1の敵側のストーリーっていうと、PSで出たFM1stもそんなのがついてたような気がしないでもないですがw

名前でゲームが判明できてしまう自分がいた(;´Д`)
オルステッドはたぶんライブアライブかなあ、とw
名前変更できたかどうかの記憶が定かではないですが( ´Д⊂
そういえば友達の兄が友達のデータで名前を変更してしまい、直してもらったら「ローザ」が「ローラ」になっていたという事件がありました。
今では同じ会社になったとこの作品ですが、当時は大作RPG会社のキャラ名同士だったので記憶に残る事件でした(゚ー゚*)

BURAI上巻は兄がPC-88でやってて、音楽がかっこよかった記憶があります。なんか小説も読んでました|ー゚)
時期が同じだったか忘れましたが、エメラルドドラゴンとかスナッチャーも見物しておりました。

それにしても、すごいめぐり合わせですねぇ・・・まさか自分のソフトを買い戻してしまうとは(゚Д゚;)
買ったソフトが友達が売ったやつだった、というのは経験ありますが、自分のはさすがにないです。ある種、奇跡ですねヽ(´ー`)ノ
  1. 2006/<%
  2. URL |
  3. comment_month>/06(月) 01:16:27 |
  4. HIM #-
  5. [ 編集]

か○○、かと邪推するがいかがか?
  1. 2006/<%
  2. URL |
  3. comment_month>/06(月) 06:11:48 |
  4. pem #-
  5. [ 編集]

小学生、中学生あたりはゲームを貸してあまり会わなくなると借りパク状態になりますね(´・ω・`)
しかも貸したソフトがまた手元にってめぐり合わせがネタ的にステキですねwww

そーいや、自分は中学高校あたりにSFCの旧エニックスのアクトレイザーが大好きでした(*´∀`)
ドラクエとかFFとか全くやったことなかったので…
  1. 2006/<%
  2. URL |
  3. comment_month>/06(月) 12:18:02 |
  4. くま #-
  5. [ 編集]

>>あーしゅさん
そのソフトは大量に出回っていたソフトなので、いくらその地域に中古屋がそこしかないとは言え、ほんとに凄い確率です。

フロントミッション5、なかなか面白いですよ。1をやったのならおすすめできます。

>>とはく爺さん
おお、こんなところで同志に出会うとは(笑)
BURAI上巻をプレイした時の衝撃はいまでも忘れません。主にストーリーと音楽が素晴らしいゲームでした。システムも斬新で、ファミコンしか知らない世代には新鮮でした。今でも飯島健男氏は心の師匠です・・Magionの作るゲームには全く反映されていませんが(笑)

Magionも未だにサントラ聴きますよ。ネット始めた頃にたまたま見たネットオークションで見つけて即行でゲット! 宝物です。
全員集合した時のフィールドの曲は何度聴いてもわくわくしますねぇ。耳コピで打ち込むとは凄いですね。今度聴かせて下さいヽ(´ー`)ノ
他にも悪人が出てくる時によく流れた「ライバル登場」とかボス戦でよく流れる「一触即発」などなど、名曲を挙げたらキリがありません。

上巻は素晴らしい出来でしたが、下巻がアレでは・・。是非とも作り直していただきたい。あとスーファミとPCエンジン版のあの出来は一体・・。特にPCエンジンはBGMが全然別物でかなりがっかりした記憶が。

>>HIMさん
お、ライブアライブ正解です。
Magionの友人もFFIVで、フースーヤの名前を変な名前にしたまま別れてしまい、ラストバトルで出てくる時にセシルがいっつもその名前を呼んでいました。フースーヤは一度別れると二度と仲間にならないので、名前を元に戻せないのですよ。

BURAIの小説はMagionも今でも持ってますよ。たまに読みたくなるのですが、読み始めると10巻全部一気に読んでしまうので危険です(笑)。ゲームの方とは全然違う話なのですが、これはこれで非常に面白いです。

>>Pem
まだその頃は三重県に居なかったんで、残念ながら彼ではありません。まあ彼にはPCエンジンDuoをぶっ壊されたりしてますけどね(´A`)

>>くまさん
貸しっぱなし借りっぱなしは良くありますね。
Magionも10年くらい前にPCエンジンの卒業を友人に貸したまんますっかり忘れていました。そして久しぶりにその友人の家に行くと、卒業があるじゃないですか。返してもらって家に帰り、ゲーム入れを見たら、いつか中古で買った卒業が・・。今見たら卒業・ソルビアンカ・卒業の順に並んでました。

アクトレイザーはMagionがスーファミで2番目に買ったソフトなのでやり込みましたねー。このゲームは知名度も高いし、やった事ある人が多いので話題に事欠きませんね。
単なるアクションとは違って、神の視点から街を作って、人口を増やして文化を発展させて行くと言うアイディアが素晴らしいゲームでした。音楽も古代祐三ですから名曲ばかりです。
  1. 2006/<%
  2. URL |
  3. comment_month>/07(火) 01:30:28 |
  4. Magion #-
  5. [ 編集]

BURAIは確かに色々斬新でしたねぇ。
雑魚兵士とはいえ、一度に数百人とか出てきたような…。
曲名は判らないのですが、PC-88版BURAIでオープニングで流れる曲(白熱のイベントシーンでも流れたような?)が好きだった記憶があります(´ω`)
その記憶を元にPCエンジン版を手にした自分は・・・orz
ちなみにPCエンジン版のBURAIはなぜか今も視界の隅に見えるとこにあるようです。(Ⅱと共に)
ところでパンドラボックス、というか飯島健男氏は何処へ行ってしまったのでしょうか(つд`)

お、ライブアライブ的中ですね(´∀`)
そしてMagionさんもすんなりとFF4ネタを見ぬいてますな。
フースーヤで思い出しましたが、友達のデータに悪戯して「フースーヤ」を「プーヤン」にしようとしたところ、「豚と狼と肉のイメージしか沸かなくなる」とか「あの死んだ格好を使えば高得点が狙えそうだ」と怒られた(?)記憶があります(・ω・)
でもプースーヤンはしばらく人気でした。

小説版は小説版でまた違った面白さでしたね。読み始めると最後まで、の気持ちはよく分かります。既に3度程罠にかかりました(・∀・)
最終巻の展開は今でも泣けそうな気がします(つд`)

アクトレイザーは友達から借りてハマりました。
通常のアクションシーンより町作りをメインで楽しんでたのは自分だけでしょうか(´A`)
  1. 2006/<%
  2. URL |
  3. comment_month>/08(水) 00:27:08 |
  4. HIM #-
  5. [ 編集]

>>HIMさん
オープニングは「ダール復活」から始まり、三銃士が倒されるシーンで「一触即発」、そしてタイトル曲の「BURAIのテーマ」へと言う流れです。他にも合間合間に各勇士のフィールドの曲が入ります。このオープニングは30分くらいあり、当時はその完成度共々話題になりました。
PCエンジン版・・内容はこの際目をつむるから、音楽だけはオリジナルにして欲しかった・・。

小説も、本来ならば三巻で完結させるところが、話が広がりすぎて結局全十巻にも及びました。当初の予定の3倍以上にもなったのは、人気が大変高かったからだと言う話もあります。しかも十巻でも収まりきらなかったようで、かなりほったらかしのキャラが居たり、八玉の勇士に見せ場がほとんどなかったりと不満はありますが、ラストはあれはあれで個人的には納得しています。エピローグがとてもよいですね。ハヤテの父親の邪気丸のツンデレぶりがまた(笑)
  1. 2006/<%
  2. URL |
  3. comment_month>/10(金) 01:23:56 |
  4. Magion #-
  5. [ 編集]

むは、あのオープニング、ぼーっと見とれてた記憶がありますが、そんなに長かったのかΣ(д゚;
たぶん、好きだった部分は「一触即発」っぽいです、シーン的に。あぁ、また聞いてみたくなってきた(´д`)

そういえば、あとがきのところに最初は3巻の予定だったような話がありましたね(・∀・)
確かに消化しきれてない部分はあったりしましたが、最終巻のハヤテのいい奴っぷりが良かったので問題ナシです(´∀`)
BURAIは当時、光=正義、闇=悪で、悪は悪なんだから正義に倒されるべき運命という勧善懲悪的固定観念から抜け出せずにいた自分の目を覚まさせてくれた気がします。
まぁ、ファイアーエムブレム等で多少は目覚めつつあったようですが(・ω・)

そういえばあの頃はまだツンデレや萌えという単語は聞かない時代でしたなぁ・・・
邪鬼丸がパイオニアということでヽ(´ー`)ノ
  1. 2006/<%
  2. URL |
  3. comment_month>/10(金) 22:26:31 |
  4. HIM #-
  5. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://garusiro.blog11.fc2.com/tb.php/109-251b51b2

Magion

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。