Magion流blog

主にMMORPGファイナルファンタジー11の話題。 その他管理人の好きなゲームの話題など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

超クール

前回に引き続きまた格闘ゲームネタです。

いい加減、読者層に合わせた内容を書いたらどうだとか言う突っ込みは無しの方向で。
いきなりザンギエフの話なんですけど、彼の必殺技に「スクリューパイルドライバー」と言う技があります。これは、ザンギエフの代名詞と言えるほどインパクトのある技で、ほとんどのザンギエフ使いは、この技を決めるためにプレイしていると言っても過言ではないでしょう。

この技の凄いところは、
1:投げ技扱いの必殺技。
最近の格闘ゲームでは全然珍しい事では無いのですが、当時の格闘ゲームには投げ技の必殺技と言う物がほとんどありませんでした。初代のスト2には使用可能キャラが8人居るのですが、彼らの中で投げ必殺技を持っているのはなんとザンギただ一人。
2:投げなのに間合いが広い。
普通の投げ、いわゆる全キャラクター共通の通常投げは、敵にかなり密着しないとかかりません。しかし、このスクリューは相手のパンチが届かないような間合いから仕掛ける事が出来ます。相手が吸い込まれたかのように見えるため、スクリューはよく「吸う」と言われます。
3:ダメージがデカい。
作品によってまちまちですが、大抵のスクリューは大ダメージを奪えます。初代のスト2時代は一発で体力の三分の一以上持っていきます。ザンギの生命線とも言えるこの技なのですが、ある作品ではなんと春麗の通常投げより減らないと言う謎仕様になっていて、全国のザンギファンを愕然とさせました。
4:演出が長い。
普通の必殺技ですと、「はどーけん!」「バシーン」で終了ですが、スクリューの場合は成立すると、まず相手を捕まえ、そして相手を掴んだまま上昇、そして回転しながらパイルドライバーで落下、とダメージを与えるまでの演出が長いのです。その演出時間を利用して、よく緩むレバーの玉を締めなおしたりするのがザンギ使いの特徴です。

さて今回のお話は上の4に関係するのですが。

Magionは当時よく「ラスボスに最後のスクリューが成立した瞬間に席を立つ」と言う事をやっていました。
前述の通り、スクリューはダメージが入るまでに若干の演出があるわけですが、相手がKOされるのを見届けることなく席を離れると言うわけです。
ある時、それを見た友人が「それかっこいいなぁ、超クール。俺もやろうかな」とか言いました。本当はただ単に、電車の時間に間に合わないからエンディングを見届ける暇も無かっただけなのですが、彼の目には超クールに映ったようでした。
「そうか、これはかっこいいのか」と思ったMagion少年は、それ以来、特に急いでない時でもそれをやるようになりました。

ある日、別の用事で友人数人と出かけていた時の事です。
その日はそんなに時間の余裕も無かったのですが、新作ゲームの「ヴァンパイア」が置いてあったので、無理を言って1プレイやらせてもらっていました。
その店のヴァンパイアはディップスイッチをいじってあるのか、こちらの攻撃力がやたら低くなっていました。それでも割とやり込んでいるゲームだったので、何とかラスボスまで辿り着きました。
使用キャラはデミトリです。ラスボスの残り体力はあと数ドット。必殺技で削れば死にそうな程度です。そこへデミトリの通常投げが決まりました。この技は相手を掴んでジャンプし、頭から落下すると言った物。回転しないスクリューみたいなもんです。
よし、決まった! そう思った瞬間、Magionは席を立ちました。超クール!
まあ今日はマジで急いでいたわけですが、相手のKOも確かめずにその場を去ろうとしました。しかし何故かKOのボイスが聴こえません。ざわめく友人一同。ふと振り返って画面を見ると、ラスボスのパイロンさんはご健在でした。

ゲゲェー!! 死んでねぇ!
このゲームのCPUは、通常投げをほぼ100%受身を取ってダメージを減らしてくるのですが、いくら攻撃力が低く設定してあるからって残り2ドットの程度の体力で耐えるなよ!

慌てて席に戻るMagion少年。
何とかクリアする事は出来ましたが、友人たちの目はかなり冷ややかでしたとさ。

超クール!
スポンサーサイト
  1. 2005/06/25(土) 00:31:23|
  2. FF11以外のゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
<<ガルバリスタ(前編) | ホーム | 懐かしの格ゲー>>

コメント

うはw
そういうのって,ゲームじゃなくても,ありがちなシチュエーションですねw
なんというか……信じていた者に裏切られたような腹立たしさと哀しさが同居する感じ?
ストII,ヴァンパイア・ハンターと,このあたりは同人世界がゲームに染まった時代だったなぁ。
  1. 2005/<%
  2. URL |
  3. comment_month>/25(土) 01:17:07 |
  4. さしゅ #d3xRQPUk
  5. [ 編集]

お邪魔いたします

はじめまして、突然カキコすいません

あまりにもスト2ネタが面白かったもので。。。
メイン日記はFFだそうですが、またアーケードネタも書いてください!

ちなみにチュンリー使いですが、次のラウンドが始まるまでに、レバーの球の緩みを締めるクセがついてます。ザンギがメインだと思われていたら、どうしよぅ。うれしいな。
  1. 2005/<%
  2. URL |
  3. comment_month>/26(日) 01:18:25 |
  4. まりたろう #-
  5. [ 編集]

>>さしゅさん
似たようなシチュエーションで、3ラウンド先取制に設定してある店とかで、2ラウンド落として、負けたと思って席を立ったりする事はありましたね。「しまった、3ラウンド先取か!」と急いで席に戻ったりしてまた恥ずかしい目にあうわけですが。

>>まりたろうさん
初めまして。
仲間に、読者が付いて来れないからやめろとよく言われる、FF以外のゲーム話でしたが、喜んで頂けて幸いです。アーケードゲームは古いのしかやってませんが、そのうちまたネタを思い出したら書くかもしれません(笑)

ラウンドやステージの変わり目にレバーをぐりぐり回したり、玉を直したりする人は多いですね。
しかしMagionの場合、ラウンドの変わり目はBGMに合わせてボタンを叩いたりしてましたね。特にそのラウンドを取られた時に良く発動する癖でした。
  1. 2005/<%
  2. URL |
  3. comment_month>/26(日) 22:33:19 |
  4. Magion #-
  5. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://garusiro.blog11.fc2.com/tb.php/24-ebdbcaf1

Magion

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。