Magion流blog

主にMMORPGファイナルファンタジー11の話題。 その他管理人の好きなゲームの話題など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

気がついたらハマってはや3ヶ月

去年の10月にニコニコ動画で一挙放送を観る。
→なんかグロいシーンが話題になってるらしいね
→さやかちゃんカワイソウです(´;ω;`)ブワッ
→残り2話ほどウトウトしててあまり覚えてない。

今年9月にニコニコ動画で一挙放送を観る
→なんか劇場版やるんだってね。
→杏子聖女過ぎる(´;ω;`)ブワッ
→やがて魔女になる君たちのことは、魔法少女と呼ぶべきだよねのシーン( ゚д゚)ハッ!
→最終話でまどかがどこかの魔法少女のソウルジェムを浄化するシーンで(´;ω;`)ブワッ

9月。PSPのゲームをAmazonでポチる。
評価はイマイチだったがやってみるとなかなか面白い。
ひと目で見つかる類のバグが結構あるのが難点。
本編では語られない過去の話などが読めるのでファンアイテムとしてはアリ。
番外編は必見。

10月。劇場版前編、後編が公開される。
おっさんが映画館で泣くのはアレなので劇場版は観に行かない。
オープニングテーマ「ルミナス」をニコニコで聴くがイマイチ……「コネクト」の方がいいじゃん。

11月。やっぱり観に行く。
→映画館でルミナスを聴く。なにこれ(´;ω;`)ブワッ
→やっぱりまどかが魔法少女のソウルジェム浄化のシーンで(´;ω;`)ブワッ
→終了後、しばらく動けず。圧倒的。
→来年に劇場版新編上映!【やったー!】予告編に釘付け。

12月。本編のBDを6巻まとめ買い。3万ちょい。
→サントラやドラマCD、製作者や声優のコメント付き。
→普通に視聴した後にオーディオコメンタリー付きで視聴し12時間ぶっ通しで全話観る。
→BD版もTV放送版に比べ相当手入れがされているが、改めて劇場版の凄さを知る。
→何回観てもやっぱり「あたしってほんとバカ」「一人ぼっちは寂しいもんな」「誰も呪わなくても良いんだよ」で(´;ω;`)ブワッ

12月。プレミア気味な公式設定資料集を新品で購入。← 今ココ!
いやー、いいおっさんがまさかこんなにハマるとは思いませんでした。

『魔法少女まどか☆マギカ』

もう1年半も前のアニメですし「今更かよ!」とお思いの方も多いでしょう。
「魔法少女」と付くタイトルと、「最近流行りの日常系ほのぼのアニメ」を彷彿とさせる可愛い絵柄にすっかり騙されていました。一見おっさんがみるようなアニメじゃないもんな!

上の年表(?)を見てもらえば分かりますが、正直最初に見た時はそれほどでもなかったんですよ。
マミさんがむしゃむしゃされるシーンでネット上では一躍有名になったアニメですが、てっきり「ああ、可愛い絵柄でグロい事するアニメなんだね、話題にはなるよねー」とか思ってました。
実はグロいシーンは全12話中ほぼそこだけなんですけどね。
何回か観ていると、至る所に伏線や暗喩などが散りばめられており、観る度に発見があって何回でも観てしまいます。
また魔法少女達の生き様、死に様がとても悲しい。彼女達はまだ14、5の少女ですが、Magionはおっさんなのになぜかすごく共感できるんです。だから何回観ても(´;ω;`)ブワッってなります。
仲間が出来るよ!やったねマミちゃん!とマミさんがはしゃぐ気持ちも分かります。
さやかちゃんが幼馴染と親友の三角関係で悩み、何も出来ない気持ちも分かります。
杏子がかつての自分を重ねたさやかを見捨てられなかった気持ちも分かります。
ほむらが(たぶん)初めて出来た友達を何としても守りたいと思う気持ちも分かります。
まどかが自分に自身がなく、人の為に何かしたいと思いつつも一歩勇気が出せない気持ちも分かります。
あれ、Magionもしかして魔法少女になれるんじゃね?
何度も観返して、伏線を把握すると、何気ないキャラの表情や台詞一つ一つが理解出来て更に悲しくなります。

そうそう、このアニメは非常に悲しいのですが、誰も悪くないところがポイントです。
誰にも悪意がないのに救われない。
あの白いマスコットですら彼からすれば悪意はないんですよね。たぶん。人間にはたまったもんじゃありませんけども。
なんだか非常に不人気な恭介と仁美も、客観的に見れば思慮が足りない部分はありますが、彼らもまだ中学生なんですよ。さやかの事情も知らない。だから決して悪意があったわけじゃあない。仕方がないと思います。
悪意がないのにすれ違いや勘違いで悲しみと憎悪ばかり増えて行く。ほんとに悲しい。

悲しい話ですが、最期は悲しいだけでは終わらず、個人的にはあの終わり方は素晴らしかったと思います。
しかし果たしてあの終わり方で次回作が作れるんだろうか……。


Magionが映像ソフトや設定資料を買うのはたぶん「カウボーイビバップ」以来です。奇しくも今月にBDボックスが発売になりますね。
なんか16年周期ですごいアニメが登場するって話を聞いたことがあるのですが、「エヴァンゲリオン」から16年目の「まどか」なんですかね。Magion的にはビバップ→まどかって感じになっています。
ビバップは「Magionが墓まで持って行きたいアニメ10選」に選ばれた初めてのアニメです。そしてまどかは5年ぶりくらいに10選に選ばれたアニメです。

疾風!アイアンリーガー
カウボーイビバップ
YAWARA!
プラネテス
機動武闘伝Gガンダム
機動戦士ガンダム MS IGLOO
魔法少女まどか☆マギカ ← NEW!

まぁ10選と言ってもまだ10本無いわけですが。果たしてこれらに匹敵するアニメはMagionが死ぬまでに何本現れるのか。ちなみに上のは順不同です。どれも甲乙つけがたいです。今はまどかがマイブームなので1位になりそうですが、他の作品も見所満載なので観直す度に順位が変わりそうです。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/03(月) 00:37:30|
  2. まど活動|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<Wii U感想 | ホーム | 花園高校を誰か使ってあげて下さい>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://garusiro.blog11.fc2.com/tb.php/282-b90db7aa

Magion

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。