Magion流blog

主にMMORPGファイナルファンタジー11の話題。 その他管理人の好きなゲームの話題など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

セイクリッド・ペンタグラムってやっぱりマミさんが考えたのかな

バトルペンタグラム、通称まどペン、ひと通り終わりました。
プレイ時間は22時間くらいでしたが、1回余計にループしている様なものなので上手くやればもっと早く行けそうです。
最近めっきりゲームを買わなくなったMagionですが、今回は頑張って連休のうちにクリアしました。
今回はMagionが完全クリアするまでに観たラスボス戦及びエンディング、そして感想などを紹介します。

完全なネタバレなので、自力で見たい方は回れ右。
●1回目……絆はまどかとマミさん間が最大、他はほぼ大きいハートが1個か2個の状態。
メインまどかでパートナーがマミさんと絆が一番大きいコンビで出撃していたからか、誰も助けに来ず。ワルプル戦での合体攻撃も2人で発動してほぼノーダメージ。頑張って自力で倒す。
【エピローグ】
ワルプルギスの夜は倒したものの、5人の魔法少女こそ無事だったが、避難所が破壊され死者多数。まどかの家族もみんな帰らぬ人となる。まどかは自分が何の役にも立てなかったと絶望して魔女化。ほむらは時間を巻き戻すがその最中に魔女の攻撃を受ける。このおかげで冒頭のほむらが言っていた、「前回の時間軸の記憶が無い」と言うところに繋がる模様。
【感想】
恐らく最悪のエンディングです。まどかは「自分は役に立たなかった」と言いますが、仲間はそれは違うとなだめようとするのですが、その時にまどかが「違わない」と声を張り上げます。こんな激しい口調のまどかを見たのは初めてだったのですごくびっくりしました。

●2回目……絆はまどかとマミさん間、まどかとほむら間、ほむらとさやか間が最大。他はほむらとマミさん、杏子間がほぼ最大だが小さいハートがちょっと足りない、他は大きいハートが3つや4つがちらほら。
メインほむら、パートナーまどかで出撃すると、道中でさやかちゃん登場。メインとの絆が最大のキャラが助っ人に来る?
ワルプル戦での合体攻撃は3人になったが相変わらずダメージは雀の涙。ワルプルに負けたがやり直すのも面倒だしどうせエンディングは1回目と同じと思うのでさっさと諦めてループする。
【エピローグ】
クリアしてないので割愛。
【感想】
1周目のデータを完全に引き継いでの2周目です。なので、序盤のダンジョンを高レベルのキャラで進むとまさに無双状態になります。
1周目では全然使っていなかったキャラを後半のダンジョンで出すと瞬殺されるので、そういうキャラは周回が回った序盤で出して鍛えるか、死にまくり上等で強いメインのパートナーにずっと入れるスパルタ教育がオススメです。
1周目は万遍無くキャラを出していると、経験値が均等になってしまい後半レベルの高いキャラがいなくて苦労すると思うので、2キャラを重点的に育てる方が良いと思いますが、こうすると絆が偏ってしまいます。
会話パートでも絆は増えていくのですが、これはどの会話だと誰と誰の絆が増えるか決まっているので、特定のキャラ間だけ早々に最大値になると会話分が無駄になる可能性があります。
Magionはあまりこの辺を考えずに戦闘の効率ばかり考えていた為、3周目に全員最大にする事が出来ませんでしたが、気をつけてプレイすれば3回目でも全員の絆を最大にすることは出来そうです。

●3回目……杏子とマミさん間が大きいハート2つ足りない、他は全て最大。
出撃はメインまどか、パートナーほむら。道中で他の3人が登場。
絆は全てフルでは無かったが、この状態でも「セイクリッド・ペンタグラム」が発動したので、どうやら全員の絆を最大にする必要は無い模様。
ワルプル戦で噂の5人合体攻撃「セイクリッド・ペンタグラム」が発動。いつものしょぼい合体魔法と違って専用の演出が入り、ワルプルのHPを7割程度減らす。そしてBGMが「ルミナス」に変わる。
【エピローグ】
全員無事にワルプルギスの夜を倒せ、避難所も守れたので被害も少なくハッピーエンド。と思われたが、マミさんのマンションが全壊した模様。マミさんだけ可哀想。(まどかの家も被害が出たような描写はあったが)
あとワルプルが暴れたせいで見滝原に何故か温泉が湧き出しており、杏子の提案で5人で温泉に浸かることに。
【感想】
ワルプル戦の合体攻撃後、BGMが「ルミナス」に変わるのですが、この演出がとても良かったです。まだ戦闘中ですが、各魔法少女がここまで来たら負けられない的な事を色々言っています。そう、こういう王道展開はMagion大好きですよ。アニメでもこう言う話だったら良かったのになぁ……まぁ現在のような話題作にはならなかったでしょうけど。
さてエンディングですが、取り敢えず原作と違ってワルプルを普通に倒せ、「みんなの絆があったから倒せた良かったね」と言う感じのエンディングです。
マミさん宅全壊事件は、杏子「温泉見つけた入ろうぜ」→マミ「お風呂なら私の家にあるでしょう」→杏子「お前のマンション全壊してた」という流れなので、完全なネタでは無くお風呂エンドへの布石な為、やむを得ない。
唐突に出てくる温泉は、魔法少女物には定番のお風呂回が原作に無かったので(キュゥべえのお風呂シーンはあるが。叛逆含めると2回も)、無理やりねじ込んだ感じです。内容は、良い子のハードPS Vitaなので過度の期待はしないでください。

●4回目……全て最大。
出撃はメインマミさん、パートナー杏子。当然道中に全員登場。
全員絆が最大だからと言って、特に何かが変わることもなく3回目と同じ様にワルプル戦は終了。
【エピローグ】
当然3回目と一緒なのですが、エンディングクレジットの後にリボンほむらとキュゥべえが登場し、さっきまでの話は原作で宇宙改変後の世界でほむらが見た幸せな夢だった、という夢オチエンドが入りました。
【感想】
さすがに4周目ともなると戦闘パートがかったるいです。そしてマミさん強すぎ。
ひと通りのキャラをそれなりに使ってみましたが、個人的にはマミ>まどか>ほむら>さやか>杏子と言った強さの順に思いました。
まどかは「ホーミングアロー」が非常に使い勝手がよく、ワルプルギスの夜はずっと飛んでいてほぼ殴る機会がないので、ひたすらホーミングアロー連打が楽な方法でしょう。道中は無数の使い魔が押し寄せるシーンがやや苦手。「マジカルスコール」は出が遅く威力も低め、敵の集団に撃ってもなんか上手く当たらないと使い勝手があまり良くないです。
ほむらはもはや魔法でも何でもないですが「M249軽機関銃」がとても使い勝手が良く、ザコでもボスでも大活躍します。サポートスキルの「クールタイム短縮」を最大まで上げて、迫り来るザコ相手に連打しましょう。前作でも猛威を振るった「時間停止」も使いようによっては強そうなのですが、消費MPがでかい割に止まっている時間が短く、時間を止めて軽機関銃と「AT-4ロケットランチャー」を交互に撃ちまくるくらいなら普通に軽機関銃連打でもいいかなと。あと時間停止をセットしてパートナーにすると、どうでもいいところで使われてとてもうざいです。
マミさんは使い勝手の良い魔法が揃っており、遠距離は「ティーロ」をバンバン撃ち、集団には「無限の魔弾」、ボスにはマミさんの代名詞「ティロ・フィナーレ」と隙がありません。
しかしマミさんを最強たらしめているのはそういうスペシャルマジックでは無く、ジャンプ中orステップ中に左レバー上+△で出せるリボン「空中レガーレ」です。これはスペシャルマジックの「レガーレ」の様に対象をリボンで拘束する技なのですが、レガーレと違って消費がかなり低く連打する事が出来ます。なので、ボスを相手にした場合、取り敢えずジャンプで突っ込んで殴りつつ空中レガーレ→相手が固まるのでティロ・フィナーレ→動き出すのでまたレガーレ→適当に殴りつつレガーレ→クールタイム終了したのでティロ・フィナーレ……などと、ハメ殺す事が可能。ザコがちょっかいを出して来ますが、そこはコンビネーションマジックでどうとでもなります。恐らくボス戦ではマミさんが最強でしょう。まぁ叛逆でも最強だったし別にいいですね。

それにしても4回目クリア時点で一番レベルが高かったのがレベル41のまどかだったのですが、各魔法少女の最強魔法はレベル50にならないと習得できません(これ以上上の魔法があるかは未確認)。これらは本編では全く必要ない上に4周目の時点でまだまだ覚えられないと来ています。一応、「輪廻の魔女結界」と言う、何度でも遊べるアクションシーンがあるのですが、大体どれも本編でクリアしたマップなのでレベル30もあればクリア出来ます。クリアすると新しいマップが開放されるっぽいですが、果たしてレベル50の魔法が必要になるのか。

さて、既に3周目でほぼ全員の絆が最大になっていたのですが、どうやら目に見える最大以上に絆が貯まっているらしく、とっくに見た目最大値になっていた連中同士の特殊イベントが色々発生しました。それぞれ特別な一枚絵付きなので、コンプしたい方はハートが一杯になったからって油断しないようにしましょう。

エンディングはリボンほむらがいい夢だったわ、的な終わり方です。なんか叛逆を観た後だと切なさがこみ上げてきます。そう言えばTV版だったか総集編だったかのBDのオーディオコメンタリーで、ほむら役の斎藤千和さんが「ゲームのアフレコでまどかの夢を観たほむらが激昂する台本だったが、ほむらはそんな夢を観たくらいでわーっとならないので変更してもらった」と言っていましたが、もしかしてこれのことですかね?

以上となります。
会話シーンのバリエーションが少ない上に選択肢も無いので2周もすればほぼ全ての会話を見れてしまうし、戦闘も基本的に大量の雑魚を蹴散らしてボスを倒すの繰り返しなので、結構飽きが来るのが早いと思います。そして、前作の目玉だった番外編は今回入っていません。非常に残念。前作と比べ、今回はボリュームが少なく値段の割には少々物足りなさを感じました。
まぁキャラゲーだからね、仕方ないね。
スポンサーサイト
  1. 2013/12/23(月) 16:56:31|
  2. まど活動|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<年忘れまどか 新編 | ホーム | 略称はまどペン>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://garusiro.blog11.fc2.com/tb.php/308-8be5d6cd

Magion

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。